MENUを閉じる

住宅ローンやお金のこと 2022/06/21

自分の年収で購入できる理想の家とは?【住宅ローンお悩み解決】

マイホームが欲しいとき、一番不安なのは「わが家の年収で住宅ローンは借入ができるのか?」ということではないでしょうか。

仮に借入ができたとしても、子供がいる家庭では子供のイベント、新入学などにもお金がかかります。またボーナスも今やアテにならない時代となってきました。住宅ローンを借入をしたとして、毎月の返済額はどの程度なのか、そして生活費はちゃんと確保できるのか。悩みは尽きないことでしょう。

今回はそんなお悩みを解決したいと思っています。

「家を建てたいけど、年収に不安がある」、「夫の収入のみで住宅ローンを組めるのか?」そんな方たちは必見です!ぜひ、参考にしていただき、念願のマイホームを手に入れましょう。

年収300万円~500万円夫婦の家への価値観・探し方は?

SNSで家探し、フルオーダーにはこだわらない

比較的年収が低めの若い世代は、予算がかかるフルオーダー住宅にはこだわりません。SNSなどで好きな空間や設備、コーディネートをピックアップし、ある程度の要望をまとめ、「これと同じような家にしたい」という方が多くいます。

そしてそのこだわりが叶えば、予算のかかるフルオーダー住宅ではなく、セミオーダー住宅、規格住宅という選択が多いでしょう。

何もない一からスタートするフルオーダー住宅より、セミオーダー住宅、規格住宅は選ぶ楽しみを夫婦で共有できるお家づくり。悩みや迷いも楽しいものとなるでしょう。

そして自分好みにカスタマイズできるのも、若い世代には向いた家づくりと言えます。何より、若い世代はスマホの利用で「カスタマイズ」に慣れているのです。

ご予算内でちょっとオシャレに自分らしく「カスタマイズ」できるのがセミオーダー住宅、規格住宅が若い世代に選ばれる理由の一つです。

\カタログで規格住宅の良さを知る/

年収300万円台で家が買える可能性は?

ここでは、年収300万円台の世帯で住宅を購入できる可能性について、関連したデータをもとに見ていきましょう。住宅金融支援機構が公表している2020年度「フラット35利用者調査」では、フラット35を利用して住宅を購入した人を世帯年収別に分け、それぞれの割合をデータで示しています。

そのうち、もっとも大きな割合を占めるのは年収400~599万円の世帯であり、全体の約4割にあたります。

しかし、年収399万円以下の世帯も利用者全体の2割強にあたり、決して少ない割合ではありません。フラット35で家を買った人のうち、約5人に1人は世帯年収が300万円台だということですね。

出典:【2020年度 フラット35利用者調査】

 

こうやって表で見ると改めて実感しますね。

世帯年収400万円未満が2番目に多いということが分かります。つまり、年収300万円台でも住宅ローンの借入ができ、それも少ない数ではないということです。

年収でお悩みだった方、これでちょっと安心していませんか?年収300万円台でも住宅ローンはOKなのです。また、借入額はどの程度なのかもここであげてみましょう。

出典:【2020年度 フラット35利用者調査】

土地付き注文住宅が年収の約7.4倍まで借入ができます。

年収380万の世帯では、総額いくらまで借入ができるのかというと、380万円×7.4=2812万円です。

では、COZYのケースを例にあげて試算してみましょう。

【年収380万円 夫のみの収入 夫婦+子ども1人】で家を建てる場合

プランは25坪・3LDKの25F-Sを選択

本体価格1920万円
土地価格800万円
合計2720万円

 

合計2720万円となり、頭金0円、フルローンでの借入が可能です。

また、毎月の返済額はボーナス時の支払いがなしで、毎月7万3037円の支払いです。

(金利/0.7% 返済期間35年 3年固定)

ボーナス払いがなしで毎月7万円台の支払いなら、賃貸住宅との家賃と変わりはなく、考えやすい支払金額と言えますよね。

画像:やりたいことが全部叶いました! サイドガレージとバルコニーのあるおうち

ここでは土地代を抑えているので、エリアは郊外付近と考えています。予算に余裕がある場合は、追加でインテリアカウンターなどを造作してもらったり、キッチンの一部をタイル貼りにしたり、ちょっと遊び心をプラスしても楽しいですね。

ただし、土地が1000万、1200万円などもっと高いところであれば、その分は自己資金としてためてから、家づくりをスタートするようにしましょう。

また、土地についてもCOZYには豊富に情報がありますので、土地や年収などを含めて相談すると良いかもしれません。

そしてこの金額でマイホームが実現できるのは、COZYの充実した標準仕様が大きなポイントでもあります。ではその標準仕様についてもご紹介していきましょう。

\自分に合ったプランを探してみましょう/

COZYの充実の標準仕様。選んで自分らしくカスタマイズする

外壁は6種類からセレクト

 

外壁はモエンエクセラード16 プレミアムシリーズです。国産木材チップを利用した、高品質な外壁材「オフセットサイディング」。

超高耐候塗料(プラチナコート30)と雨水で汚れを落とすセルフクリーニング機能(マイクロガード)により、長期間にわたってキレイな外壁を保ちます。

種類はドリットロックプレミアムからキャスティングウッドプレミアムまでの6種類。

選ぶ外壁によって、家のイメージが変わってきますので、お好みのタイプをここからセレクトして理想の家に近づけましょう。

玄関ドアは5種類からセレクト

画像:断熱ドア ジエスタ2 【LIXIL】

断熱性、採光・採風、防犯機能を備えた玄関ドアです。5つのデザインと多彩なカラーよりお選びいただけます。

フロアのカラーバリエーションは8種類

画像:ハピア フロア ベーシック柄 【大建工業】

日常生活から生じる衝撃や劣化、ペットの引っかき傷や汚れに強く、いつまでも美しいインテリアを実現します。

その他標準仕様について

COZYでは窓、水回り設備など高性能・高機能なものを標準仕様として採用。照明・カーテンまでも標準仕様で価格に含まれているため、予算がオーバーする心配はなく、自分たちの好みでセレクトしてカスタマイズできます。

なので、規格住宅ではあるけれど、セミオーダー住宅といえる幅の広さがこのCOZYの住まいの魅力と言えます。

また、予算に余裕があるときは、標準仕様にプラスしてウッドデッキを付けたり、ニッチを設けたり、カウンターを造作するなど、いろいろプラスすることも可能です。

\COZYの標準仕様を見てみましょう/

\カタログで見たい方はこちら/

【まとめ】COZYでは年収300万円台で理想の家が建てられる!

標準仕様だけで、すぐ暮らしがスタートできます。

ここまで、2020年度の住宅ローン利用者の例から、年収300万円台でも家を購入することが可能であることが分かりました。

そして若い世代は「カスタマイズ」に慣れていて、自分たちなりの好みで、住まいをセレクトしながら作っていくことができます。

間取りも豊富にあり、そこからひとつの間取りを選んで、標準仕様でも外壁やドア、床などを決めていくと、きっと同じ家はふたつとないでしょう。COZYならそんな若い世代の方でもマイホームを実現できますので、住宅ローンのことなどお悩みの方は、COZYへいらしてください。

きっと、その悩みは解決できます。また土地の情報も豊富にありますので、土地と建物を合わせて、予算内でのマイホームもご提供できます。

土地を探している方もお気軽にご相談ください。

画像:COZYの「住まいづくり相談」

建物、土地、資金のことなど、分からないことは何でも親切に教えてくれます。初めての家づくりで分からないことがあるのは当たり前。

まずはCOZYの「住まいづくり相談」で相談してみましょう。

COZYは高性能住宅で価格も明快な規格住宅です。標準仕様が充実していて、セレクトしながら、自分たちだけの理想の住まいづくりを楽しめます。あなたもCOZYでマイホームをカスタマイズして作りましょう!

開催中の見学会・イベント・セミナーを確認してみる

COZY公式をもっと詳しく見る

\COZYの家づくりが3分で分かる/

▼家づくりを検討中の方におすすめの記事

COZY Life Plus 編集部

「家は、シンプルでいい」これから理想のお家づくりを始めるみなさんに、COZY Life Plus 編集部がお役立ち情報をお届けします!

Writter