MENUを閉じる

News&Blogお知らせ・ブログ

2022/07/03遠軽店

遠軽・紋別地区で良い土地を探す方法

COZY遠軽店の遠藤です。

見学会や家づくり相談会でお客様からよく「安くて良い土地ってないの?」と聞かれることがあります。
「安くて良い土地」それってどんな土地だと思いますか?

販売価格が安くて、学校や職場に近い土地でしょうか?「安い土地」「良い土地」それぞれ考え方があるかと思います。

COZYのことをテレビCMやFacebook・Instagramの広告、ホワイトペッパーなどで知っていただいた方に
ぜひ、見学会や相談会に来る前に知っておいてほしい情報をご紹介します。

一般的な土地探しの方法

遠軽・紋別周辺地域は札幌や旭川などに比べて土地事情が若干異なります。国交省から令和4年地価公示がありその資料の一部をご紹介します。

令和4年地価公示(国土交通省)

これは全国の地価の変動率の高かった上位10地域が掲載されているのですが、すべて北海道の地域「北広島」「石狩」「江別」となっています。
おそらく、北広島には北海道ボールパークが誕生するからですね。

石狩にはコストコが誕生しました。江別には蔦屋書店誕生するなど大型の商業施設が地価が低かった地域に誕生すると地価が高騰していきます。札幌でも住宅用地を探して購入するとしても価格が高騰していて大変だと聞いています。

どうやって土地探しをするのか

札幌市など人口の多い街で住宅用の土地を探す場合は、インターネットであれば「SUUMO」や「at home」などの不動産ポータルサイトでまず探す方が多いですね。

その後、住宅会社に依頼する場合や不動産会社に土地探しを依頼するという流れが一般的な土地探しの流れです。

COZY札幌店でもお客様から家づくりの相談と土地探しを一緒に依頼されて、予算に合う建物が建つ土地をお客様と一緒に探すケースが多いようです。

それでも土地代が1000万円以上するケースがほとんどなので、家づくりの総予算が3000万円を超えるのが一般的になってきているとのことでした。

土地探しを依頼された住宅会社の営業マンは不動産業者だけが見ることができる不動産サイト(REINS)というサイトを見て土地情報を調べたり、付き合いのある不動産会社に問い合わせてお客様の要望にある土地探しをします。

札幌市の場合はREINSに何百件という土地情報が登録されています。

遠軽・紋別地域の場合

遠軽・紋別地域の土地探しの場合ですが、REINSに登録されている物件数は0〜10件未満です。活発に土地(不動産)の取引がされているという感じではありません。

また、遠軽・紋別地域で1年に建つ新築木造住宅は30〜50件程度です。札幌などからすると圧倒的に少ない件数ですが、この件数ですとサイトに登録するまえに売れたり、そもそも売り土地になっていないケースがあります。

遠軽も紋別もまちなかには空き地がたくさんありますよね。しかし、販売されていないことがほとんどです。土地を所有したままでもほとんど固定資産税もかからないため保有したままの方が多くいらっしゃいます。

では販売されていない土地をどのように探せばよいのか。新築住宅を建てる方の多くは「土地なし」のお客様ばかりです。親や祖父母から土地をもらった。という方は予め土地を所有していますので新築住宅を検討されても問題ありませんが、土地なしのお客様の場合は土地も探さなければいけませんので、どのように探したら良いかをお伝えさせていただきます。

遠軽・紋別地域で住宅用の土地を探す方法

遠軽・紋別地域で土地を探す場合の方法がいくつかありますのでご紹介いたします。

●不動産会社に聞いてみる

町内・市内に数店舗ある不動産会社に聞いてみるのが1つ目の手段です。ただし、土地の持ち主が不動産会社に「この土地を売却してください」と依頼を出している土地情報のみの取扱となるため市内の空き土地すべての情報があるわけではありません。

●自分で空き土地や空き家を探す

市内の空き土地や空き家を見つけた場合、その物件が販売されているかわかりませんよね。その場合は、見つけた物件の住所を不動産会社または住宅会社にお伝えしてください。

すべての不動産物件は「登記簿謄本」というものがあり、法務局へ行くと持ち主を開示してくれるようになっています。不動産会社や住宅会社が登記簿謄本を開示請求し、不動産の持ち主へ売約してくれないか相談してくれます。

ただし、所有者が市内に在住していないことがあったり、施設へ入所していたり入院していて連絡がつかないということもありますので、すべての空き土地・空き家の不動産物件が対象になるかはやってみないとわかりません。

失敗しない土地の探し方

紋別地域で失敗しない土地の探し方をご紹介します。

●住宅会社に相談する

マイホームを建築してくれるのは住宅会社です。お客様がどのような間取りの家を建てたいと考えているかを知っているのも住宅会社です。

不動産会社は土地を紹介(仲介)してくれる会社です。ですので、お客様が建てたい住宅を取り扱っている住宅会社の営業マンに土地の相談をするようにしましょう。

先に、不動産会社で土地を購入してから住宅会社に家の相談をしに行って、「この土地には希望の家は建たない」「地盤改良で数百万円かかる」といったことがある事例が実際にあります。

土地を購入する前に、住宅会社でしっかりと希望の家が建つ土地かを見定めてもらってから購入してください。紋別地域では販売されている土地が少ないですので、空き土地や空き家を見つけたらその住所を控えて住宅会社の営業マンに伝えてみてください。

若干相場より高い金額もしくは相場の金額で所有者に交渉をすることができるケースがあります。土地の価格なども含めてお客様によってご提案できる内容が変わってきますので、一度どのような家を建てたいのか・どのような暮らしをしたいのかをご相談していただければと思います。

家づくり相談会で土地の相談をする

COZY遠軽店では「家づくり相談会」を毎月開催しています。一度資料請求をしてくれた方や見学会に来ていただいた方にはニュースレターでイベントのお知らせをお送りさせていただいています。

COZY遠軽店の家づくり相談会では、土地探しの方法や資金計画について。間取りの設計についてなど家づくりについての相談はどんなことでもお応えさせていただきます。

遠軽・紋別地域の土地代が2-300万円で現金で購入できるケースもあると思いますが、相場より安い土地には落とし穴があったりします。実際に過去のお客様の相談事例なども踏まえて、これから遠軽・紋別地域で家づくりを検討している方に参加していただければと思います。

今なら、相談会参加特典で家づくりノートをプレゼントしています。また、開催月によって内容が変わりますが、来場プレゼントもありますので興味のある方はぜひご参加ください。

現在イベントにご予約いただけるとハンドソープ&ルームスプレーのセットをプレゼントしています。

家づくり相談会への参加はこちらからご予約お願いします。

 

代表取締役(営業)遠藤 利秀

大学卒業後大手ゼネコンに勤務し大型プロジェクトに参加していましたが自分の生きがいは目の前のお客様ひとりひとりの笑顔だと気づいたのが30歳の時。人口減少が続くふるさとで若いご家族が笑顔で末永く暮らせる家をつくりたい。そんな想いで日々頑張っています。

Writter
Article同じカテゴリーの記事
  • 今回のモスバーガーは・・・

    More

  • 初めての丘珠空港・・・やっぱりラーメン! (^-^;

    More

無料カタログ請求

暮らしを思いきり楽しめる、4つのデザインテイスト  
無駄なく賢い家づくりをするならまずは資料請求を!

ステキ!がたっぷりつまったデザイン集
参考になる間取り    価格や仕様・性能のことがまるわかり

カタログイメージ

4 Design taste

資料請求はこちら