スタッフ紹介|松本・すわ店|新築一戸建てCOZY

MENU

COZYフランチャイズ本部
株式会社ジョンソンホームズ
札幌市西区八軒4条東5丁目1番1号
TEL:011-330-9900
0120-756-105
0120-756-105

お近くのCOZYのお店

COZY松本・すわ店

スタッフ紹介

インタビュー

ご挨拶
松本には、松本城とアルプスの山々くらいしかありません。あ、歴史もありますね。いいまちですよ。
そこに、みなさんの夢を実現する、COZYという「自分サイズでちょうどいい家。」が増えていくといいなあと思っています。
担当業務と、仕事のやりがいを教えてください。
肩書きは店長ですが、営業もします。
営業としてのやりがいは、お客さまに喜んでいただける家を建てることですね。まず最初に「どういう生活をしたいか?」とうかがいます。間取りや設備よりも、ライフスタイルを聞いてから、ご提案をするのです。それがマッチしたときは、うれしいものです。
店長としての仕事は、多岐にわたりますね。会社全体のことを見るわけで、やりがいはありますよ。
休みの日は何をしていますか?
趣味は食べること、ゆっくりすること。入社して13年になりますが、そのころ結婚もして、体重が増えました。体を維持するためにもよく食べますよ。
のんびりするのは好きですが、休日は仕事をしていることも多いです。子どもとなかなか遊ぶ時間をとれないので、年2回は必ず、大きなイベントとして一緒に出かけるようにしていますね。
お客さまへひとこと!
うちの会社は、社員が和気あいあいとしてアットホーム。お客さまにとっても、家族のように親身でありたいと思っています。強みは、お客さまのご希望を聞いて、ふさわしい提案ができること。COZYの多彩なプランの中から、ぴったりのものを一緒に考えましょう。

インタビュー

ご挨拶
ついにCOZYでマイホームを建てました。自分で建てたからわかることがあるというのは、ほんとですね。
大工の伯父の影響で、子どものころから建築に興味があり、専門学校も仕事もずっと建築関係。知識や住宅営業の経験に、わが家を建てるという実体験が加わって、以前よりも的確なアドバイスやご提案ができるようになったと感じます。

担当業務と、仕事のやりがいを教えてください。
仕事は営業です。
COZYは、新築一戸建てなのに、月々の支払額が家賃並みというところが魅力。ご購入を検討されるお客さまは、アパート関係の会社で営業をしていた時のお客さまと層が似ていると思うので、そのときの経験も活かせると考えています。
子どものころ、大工の伯父について現場に行くのが楽しくて、建築に興味を持ちました。専門学校では図面を描くのが楽しくて。この経験も、みなさんの夢を叶えるために役立てたいですね。
休みの日は何をしていますか?
休みの日は、趣味のDIYをします。リフォーム会社にいたこともあり、なんちゃってですが、けっこう何でもつくったり直したりしますよ。
あとは、DVDで映画を観て過ごすこともありますね。食べ歩きも好きで、よく出かけます。わりと広く浅く、興味を持ったことは何でも挑戦してみます。
お客さまへひとこと!
家というのは、家族が笑っていられる場所だと思っています。わが家には、中学生と小学生になる息子がふたりいますが、子どもたちの声が聞こえないと淋しくて淋しくて。1週間ほど出張しましたが、淋しくてダメでしたね。家族がいる家が一番いいです。
お客さまにとって理想の家を建てるお手伝いをします。とことんまでやりきるタイプなので、みなさんの夢を一緒に叶えたいですね。

インタビュー

ご挨拶
入社して10年になります。そのころから、大工さんたちに助けられて、一緒に家をつくってきました。
この信頼している職人さんたちと、これからもいい家をつくります。
担当業務と、仕事のやりがいを教えてください。
担当は工務、現場監督をしています。
営業がお客さまと話を詰めて、設計が描いた図面をもとに、職人さんたちが実際に家を建てていきます。現場監督というのは、その責任者です。
ただ、責任者ではありますが、そこに上下関係はありません。みんなが働きやすいように環境を整えるのが仕事ですね。工期や作業工数、天気などの影響を考えながら、工程管理をするのは大変ですが、やりがいがあります。
休みの日は何をしていますか?
趣味は、子どもと遊ぶこと。小学生の娘と就学前の息子がいます。休日は、一緒に遊ぶことが多いですね。感情の振れ幅が大きくないため、淡々としているように見えるらしいのですが、子どもたちはかわいいですよ。
夢は主夫だったりするので、料理もけっこうしますね。いつも味付けに悩むんですけれど。
お客さまへひとこと!
うちはアットホームな会社で、社員は仲良しです。職人さんたちは、腕は確かで、いい人たちばかり。いま、自分たちもさらに幸せになるために、いろいろと新しいことにも挑戦しています。
こうしてできあがる家が、みなさんをさらに幸せにするものであると信じて、現場をまわっています。

インタビュー

ご挨拶
最近、事務所のイスをバランスボールに変えました。これが予想以上によかったです! ふわふわとバランスを取りながら座っていると、仕事に集中できるんです。
さらに、いいアイデアをたくさん出していきますよ。
担当業務と、仕事のやりがいを教えてください。
設計コーディネーターをしています。
建築士なので、もともとは図面を描いたり、建築確認申請を担当していました。5年ほど前から、コーディネートをしています。
お客さまの希望を聞いて、叶えるためにはどうしたらいいのかを考えるのが、私の仕事です。お客さまごとに要望は違いますし、費用や技術の面で実現が厳しいこともあります。難しくもあり、やりがいもありますね。ご提案が採用されたときは、うれしいです。
休みの日は何をしていますか?
趣味はスノーボード。冬の休日は、ゲレンデにいますね。
お客さまへひとこと!
どんな家がほしいのか、どんなふうにしたいのか、まずはご希望を聞かせてください。仲間たちや現場の職人さんたちとも確認を取りながら、実現に向けて努力しますので、どんな夢でも聞かせてほしいですね。

インタビュー

ご挨拶
長野テクノスは、自由な会社という印象です。私は製造業界を長く経験したので、そう感じるのかもしれません。和気あいあいとした雰囲気なので、お気軽にお立ち寄りください。
担当業務と、仕事のやりがいを教えてください。
担当は営業で、モデルハウスで接客しているときが一番楽しいです。お客さまと直接お話できるのがいいですね。
入社するまで営業の経験はありませんでした。でも、自分が知っていることを誰かに伝えるのが好きですし、人と話すのが好きなので、この仕事は向いているのだと思います。
休みの日は何をしていますか?
休日の楽しみは、DVD鑑賞です。アクション系やSF系の海外ドラマをよく観ています。
高校時代は弓道をやっていました。部活を引退したあと、楽しいものだったと改めて気づきましたが、いまは全然やっていません。的に当てたときの爽快感や背筋がぴんと伸びるような所作は、また味わいたいですね。
ほかに趣味らしい趣味はないので、いま、お金をかけずに楽しめそうな趣味を探しています。
お客さまへひとこと!
家について知りたいこと、家を建てるにあたっての不安など、どんなことでもお尋ねください。私の知っていることは、全力でお答えします。確認が必要なことや、お客さまに時間がないときは、後日、お手紙でご回答することも。
心がけているのは、住宅業界の専門用語を使わずに説明すること。みなさんの疑問を解消できるように、仕事に励んでいます。一緒にいい家を建てましょう。

インタビュー

ご挨拶
すてきな家を建てている長野テクノスに憧れて、転職を決意しました。お客さまに喜んでいただけるいい仕事ができるようにがんばります。
担当業務と、仕事のやりがいを教えてください。
担当は営業です。
この仕事に就いて一番うれしかったのは、はじめてのお引き渡しのとき。感慨深いものでした。先輩たちと比べると私のできることはまだ多くはないけれど、お客さまにアドバイスやご提案が役に立ったと言っていただけたときは、うれしいです。同時に、やりがいと責任も感じます。

休みの日は何をしていますか?
趣味はゴスペル。毎週火曜日と土曜日、ゴスペルサークルに通って歌っています。パートはテナー。合唱に憧れながら、環境と機会に恵まれなかったので、教会でゴスペルが歌えると知ったときは、うれしくて、すぐに参加を決めました。通勤の車の中でCDを聴くのは日課です。
最近は、ハーブを育てることにはまっています。プランターで、カモミールやレモンハーブ、ミント、コリアンダーなどを栽培しています。小さな花が咲いて、かわいいんですよ。お茶にして飲むのが楽しみです。
お客さまへひとこと!
接客の経験はあるものの住宅営業ははじめてだったので、お客さまのご希望に応えられるように無我夢中で走ってきました。知識と経験が増えて、少しずつ余裕も出てきたように感じます。これからは、家を建てようとご来店くださるお客さまはもちろん、家を建てたオーナーさまとのご縁も大切に育てていきたいです。

インタビュー

ご挨拶
シンプルなものが好みなので、COZYの無駄のないスッキリしたデザインが大好きです。
担当業務と、仕事のやりがいを教えてください。
新卒で入社して、営業に配属されました。
いま一番おもしろい仕事は、現場回りです。当然のことながら、全ての作業にきちんと意味がある。それを知ると、家の全体像、住宅建築の全体的な流れがよく理解できるのです。営業の先輩や現場の職人さんたちから、いろいろ教わっています。
お客さまに「がんばってね」と声をかけていただくことは、励みになりますね。
休みの日は何をしていますか?
エグザイルが大好きで、休日はだいたいライブDVDを観て過ごしています。小学生のころ、クラスメイトと話を合わせるために聴いてみたら、すっかりはまって、ファン歴10年です。家族もファンなので、ライブには一緒に行きますね。
あと、雑貨屋さんが好き。専門学校時代は、松本や伊那の雑貨店30軒くらいを訪ね歩きました。いまも時間があるときは、お店をのぞきます。
お客さまへひとこと!
長野テクノスは、スタッフの仲がよくて、COZYというブランド名にふさわしく、とても居心地がいいです。
営業としての話はもちろん、大好きな雑貨やインテリアの話題でお客さまと楽しく打ち合わせしながら、理想の家を建てるお手伝いをしたいと思っています。

インタビュー

ご挨拶
信州松本は山がきれいです。自宅から会社までの間に、常念岳がきれいに見えるスポットがあって、毎朝眺めながら通勤しています。稜線がうちの会社のロゴに似ているんです。見るたびに誇らしくなって、「今日もがんばろう」とモチベーションが上がります。
担当業務と、仕事のやりがいを教えてください。
私の担当はコーディネーターです。お客さまとの打ち合わせの内容を図面に落とし込んで、クロスや照明の発注をしています。覚えることがたくさんで、まだまだ勉強中です。
でも、もともと建築や美術が好き。学生時代は、絵画を専攻していましたし、色彩検定も取りました。ゴッホやフェルメール、パウル・クレーの色づかいに惹かれます。
コーディネートは、簡単ではないけれど、好きなことを生かしながら、学びながらできる理想的な仕事。自分の知識や経験でお客さまのお役に立てるのは、うれしいことです。
休みの日は何をしていますか?
オンとオフは切り離してリフレッシュするようにしています。休日は、海外ドラマを観ていることが多いですね。愛犬と遊ぶのも気分転換になります。

お客さまへひとこと!
気がかりをそのままにしないで、どんな小さなことでもお聞かせください。長く暮らす家は、やっぱり安心して建てたいものです。「あのとき、河野さんに話してみてよかった」と思っていただける、頼れるコーディネーターを目指しています。