今の家賃並みで、新築一戸建て。

WORKS 手稲区 33坪 4人暮らし H様邸

規格住宅なのに融通がきく。自由度の高さが魅力です

  • 対面キッチンはブルーグレーのクロスでさわやかな印象
  • スリット窓から日差しが差し込む、明るいキッチン
  • リビング横の部屋は壁を取り払い、柱だけ残して開放的な空間に
  • コントロールパネル類を収めたニッチ。柄のクロスでおしゃれに
  • ストライプのクロスが印象的なユーティリティー
  • ウォーク・イン・クロゼットは寝室とフリースペースからの2WAY動線
  • 娘さんの好きなピンクをアクセントクロスに採用
  • クロスと収納ケースのカラーを合わせてすっきりコーディネート

  • COZYを見て、夫婦の意見が一致

    家の近くでCOZYのオープンハウスがあって、担当の営業さんと出会いました。それまで住宅展示場でいろんなハウスメーカーのモデルハウスを見たんですが、どれも現実的じゃなくて…。そんなときにCOZYを見て「ここだね」と夫婦で意見が一致したんです。
    土地を探してくれたのも営業さん。最初は幼稚園のお友達と一緒の小学校に通えるエリアにこだわっていたんですが「長い目で見たら、あまり縛られるようなことではないんじゃないか」とアドバイスをもらい、確かにそうだなと納得して、同じ手稲区で少し離れた土地に決めました。隣が公園で、家の前の道路が広いので、ひと目見て気に入ったんです。
  • 規格住宅なのに自由度が高いのが魅力

    間取りは、1階にリビングとプラスひと部屋があるタイプです。部屋の壁を取り払ってリビングにつなげ、開放的に使えるようにしてもらいました。2階のフリースペースはランドリーにして、干した洗濯物はそのままウォーク・イン・クロゼットへ収納できるようにしています。本当は4.5帖のウォーク・イン・クロゼットだったのですが、1帖分小さくして2階にもトイレを設置しました。
    内装は北欧系にしたくて、ブルーグレーと白でカラーリングしています。家電も新しい家になったら変えようとずっと我慢してたので、ここぞとばかりに買い換えました。シンプルなんだけど、こだわれるところはこだわれる。規格住宅はたいてい「これ以外はできません」と言われることが多いけど、COZYは「ちょっと考えてみますね」と融通をきかせてくれるのがよかったです。
  • 元気な子どもたちを笑って見ていられる幸せ

    3月に入居して、4月に息子が小学校に入学。引っ越しと入学式でバタバタでしたけど、新居から通学できてよかったです。賃貸のときは2階だったので「走らない」「どんどんしない」と、口グゼのように注意していましたが、今はお構いなし。家の中でボールを蹴ったりしても、笑って見ていられる余裕ができました。
    夫は休日に洗車することが多くなったし、収納の棚なんかをこまめに図って手作りしてくれるようになりました。「ほっカラリ床」が標準装備のお風呂が気に入ってるみたいです。お友達を招く機会も増えて、この間も、お兄ちゃんの幼稚園時代の友達が親子で遊びに来てくれました。男の子たちは2階で、女の子たちは下でそれぞれ遊んで、ママたちはダイニングでお茶みたいな、楽しい時間を過ごしています。

あなたの街のCOZY
全国の店舗一覧から探す

  • 北海道・東北
  • 関東・甲信越
  • 中部・近畿
  • 中国・四国
  • 九州